花・ペット・作品投稿大募集!

パン屋さんや直売所などの「おいしい!」「変わり種!」などおすすめのパンを紹介。
※価格等の情報ははよみうりタウンニュース掲載時のものです(掲載日はカッコ内に記載)。
鉾田・大堀本店
パン・ド・ロデヴ
南フランスのロデヴの町に古くから伝わるパン。高加水の生地はつきたてのもちのように軟らかく、扱いが難しい。焼き上がったパンは、外側がパリッと、中身は気泡がたくさん入っていてしっとり。酸味、甘みがあり、オリーブオイルを付けて食べると、おいしい。サラダやスープに合う。パン種を作る関係から、製造販売日は水曜か土曜。焼き日の問い合わせは、営業日の午後。1個432円。

大堀本店
鉾田市鉾田1530
0291-32-2258
午前10時〜午後7時。日曜定休。
(140327掲載)

笠間・フュッセン
マーブルあんぱん
バターロールの生地に、こしあんを塗り、巻き込んでから、型にはめて焼く。上部表面には、ケシの実をアクセントに振りかけている。バター風味と、こしあんが合い、平成6年の開店以来の人気商品。店主の川野輪昇さん(60)は「菓子パンをイメージして作ったが、切って食べるとくどくなく、食事パンにもなります」。1日60斤(きん)を焼く。1斤346円。

フュッセン
笠間市石井1052
0296-72-9911
午前10時〜午後6時半。日曜、祝日、第2月曜定休。
(140320掲載)

大子・サンローラン
シルクタッチ(食パン)
1日限定8本。同店の最高級食パンだ。名前の通り、なめらかでふんわりとした食感。原材料の牛乳とバターは地元の酪農家から直接買い付けている。形が通常の食パンより縦長なのは、芯(しん)まで均一に焼き上げるための工夫という。「焼かずに、何も付けないで食べる人が多いです」と同店の柳岡孝綜さん(72)。焼き上がりは正午ごろ。予約注文も受ける。1本320円。

サンローラン
大子町大子719
0295-72-2222
午前6時〜午後6時。第2、4木曜定休。
(140313掲載)

潮来・ベーカリー is is
クリームパン
正午には売れ切れてしまうほどの人気。中身のカスタードクリームは、黄色というよりはオレンジ色に近く、濃厚な味。近くに養鶏所があることから、「新鮮な有精卵を使って炊いたら、おいしいカスタードができると思った」(製造担当の出沼かおりさん)と作り始めた。しっとりした生地に、自家製の甘く、ふわふわと軟らかいカスタードクリームが、たっぷりと入っている。1個160円。

潮来・ベーカリー is is
行方市麻生146-3
0299-77-9122
午前10時〜午後7時。日曜と第2、4月曜定休。
(140306掲載)

日立・クロワッサン
クロワッサンのサンドイッチ
開店以来、22年にわたり作り続けている看板商品。具材は、ほぐしたスモークチキンと刻んだセロリを、からしマヨネーズであえている。サクッとしたクロワッサンと、セロリ風味の具材が合い、昼食として買い求める長年のファンもいる。今月からは、「梅レンコンのヘルシーサンド」の販売も。スモークチキンをシャキシャキのレンコン入り梅肉であえた具材が入っている。両サンドとも1個231円。

クロワッサン
日立市水木町2ー8ー47
0294-54-0463
午前8時〜午後6時営業。木曜定休。
(140227掲載)

水戸・ムーランヴェール
ふすまパン
製粉過程で、小麦粉にならない外皮分「ふすま」を主要材料にしたパン。「ふすま」はゴボウの6倍の不水溶性の食物繊維を含むほか、カルシウムや鉄分なども豊富。店主の森田啓一さん(46)が「低カロリー、低糖質で、生活習慣病の人でも食べられるパンを作りたい」と、医師のアドバイスを受けながら商品化した。トーストやサンドイッチにして食べる。1本320円(送る場合は、こん包代を含め同350円)。

ムーランヴェール
水戸市元吉田町39-15
029-306-7740
午前7時半〜午後7時営業。日曜定休。
(140220掲載)

潮来・おざわ菓子店
どぶろく天然酵母パン
どぶろくの天然酵母で、じっくりと時間をかけて発酵、熟成させた生地を焼き上げたパン。ほんのりと酒の香りが漂い、ふわふわ軟らかで、雑味のないすっきり味。店主の小沢ネ喜雄さん(66)が「本物志向の独自のパンを作りたい」と、5年前から製造。地元「愛友酒造」のどぶろく、国内産小麦粉など材料を厳選。酵母の熟成に16時間をかけるため、焼くのは月、木、土曜の週3日。1個500円。

おざわ菓子店
潮来市潮来90-8
0299-62-3134
午前8時〜午後6時営業。火曜定休。
(140213掲載)

水戸・ベーカリー コパン
ブルーベリー&
クランベリーブロート
風味豊かで、カロリー控えめなハード系パン。生地は全粒粉、ライ麦、小麦をブレンド。一緒に混ぜ込んだブルーベリーとクランベリーの甘みと酸味のほか、塩だけで味付け。卵、バター、砂糖は使っていない。そのままでも、薄く切って焼いて食べても良い。冷凍保存しても風味の損失が少ないという。一個320円。

ベーカリー コパン
水戸市河和田町4126-224
029-254-9661
午前8時〜午後6時営業。月曜定休。
(140206掲載)

高萩・アトリエ小麦
食パン4種
食パンだけでも4種類ある。店のイチ押しは生地に何にも混ぜないプレーン食パン。店主の宗(そう)真美さん(26)は「小麦本来の味を楽しんでほしい」と味わいにこだわる。小麦粉は、国産を使用。すべて手作りで、焼き上がった際のしっとり感を引き出す。「食の大切さを見直し、体にいいものをおいしく日々の食事の中で取ってもらえたら」と願いも込める。一斤440円。

アトリエ小麦
高萩市上手綱4107-1
0293-22-0581
午前11時半〜午後5時営業。金、土曜定休。
(140130掲載)

神栖市・パン工房ファリーナ
究極のメロンパン
ジューシーなメロンを、そのまま食べているような味わい。JA茨城旭村から仕入れたクインシーメロンをピューレ状に加工、果汁と果肉を強力粉に加えて生地を仕上げている。生クリームをブレンドしたカスタードクリーム入り。パンというより、ケーキに近い。大槻政彦社長が「県内産の果物を使ってパンを焼けないか」と試行錯誤の末に考案した。1個180円。

パン工房ファリーナ
神栖市知手中央3-4-8
0299-96-8070
午前7時〜午後7時日曜定休
(140123掲載)

水戸・のうふのパン
スペルト小麦のパン
欧州で栽培されていた古代穀物「スペルト小麦」で作ったパン。硬めだが、スライスして焼くか蒸して口の中へ運ぶと、小麦本来の風味が広がる。栄養価が高く、アレルギーが発症しにくいといわれている同小麦。パン職人兼農業の大山正夫さん(60)が、緑肥だけの自然農法にこだわり栽培している。酵母作りから取り組んでいるため、注文から焼き上がるまでに3日ほどかかる。一本300g500円。

のうふのパン
水戸市開江町483
080-5140-9403
予約注文。
(140116掲載)


日立・バルバ ロッソ
イチジクとクルミのカンパーニュ
店主兼パン職人の佐藤仁さん(37)のオリジナル。白ワインで1〜2か月漬け込んだイチジクやオレンジピール(甘く乾燥させた皮)、空焼きしたクルミなどを生地に練り込み、天然酵母で長時間発酵させている。甘過ぎず、さわやかな味わい。スライスしてカモのパテを塗り、ワインと一緒に食べるのがおすすめ。1個670円。

バルバ ロッソ
日立市久慈町1-26-22
0294-52-4471
10時半〜18時営業。月曜、第1・3・5日曜定休。
(140107掲載)

一押しパンA
▲ナビッタトップ